住宅ローン借り換えの交渉をするには?

住宅ローンは返済期間が長く、借り入れ総額も大きいため、ほんの少しの金利差でも何十万という単位のお金が動くローンです。
そのため、現在支払い中の住宅ローンの金利に納得がいかない場合には、他社の低金利住宅ローンへの借り換えを検討する人が多いと思います。
たしかに、より低金利の住宅ローンへ借り換えることができれば、支払い総額も減り、返済が楽になることでしょう。
ただし、住宅ローンの借り換えには多大な時間と労力、そして借り換え手数料がかかってしまいます。
もし、借り換え予定先の住宅ローン金利が微妙な時は、現在支払い中の住宅ローンに金利を下げてほしいと交渉してみてはどうでしょうか。
すべての金融機関が交渉に応じてくれるわけではないようですが、他への借り換えを考えていると言えば、多少金利を優遇してくれる場合があるようです。