持病があったら脱毛できない?脱毛サロンの施術前に確認!

「持病があるから脱毛できないのでは」という相談を受けることがあります。
たしかに持病や肌の状態などによってはサロンによっては施術が受けられないこともあります。
脱毛方法は、レーザー脱毛、光脱毛などさまざまですので、お店でカウンセリングを受ける際に伝えるようにしましょう。
どうしても心配だという方や、まだサロンを決めていないという方なら、サロンに行く前にかかりつけ医に相談するといいかもしれません。
その上でカウンセリング時に伝えることで安全で最適なプランニングを提案してもらえるでしょう。
持病を隠していると本当にその人に合ったプランとはいえず、あとで深刻な事態を招くこともあります。
持病や体質でそのときはダメでも、状態が改善されれば、安心して施術ができるのを覚えておいてくださいね。
光脱毛と呼ばれるフラッシュ脱毛は、脱毛サロン、更にはエステの脱毛コースでも主に使われている方法です。
特殊な光を肌に照射することによって、ムダ毛再生の元である組織を破壊してその働きができないようにします。
家庭用フラッシュ脱毛器もありますので、おうちで光脱毛することも可能です。
レーザー脱毛と比べると痛みが少ないですし、産毛のような薄い色の毛にも反応するのが特徴と言えるのではないでしょうか。
無駄毛の脱毛が終わった後は、ケアを忘れないでください。
念入りに脱毛した箇所を保湿します。
脱毛後、周りの肌は薬品や機械の刺激で乾燥しやすくなります。
乾燥が他のトラブルを引き起こすことがありますので、脱毛したところを中心に、いつも以上に保湿してください。
また、脱毛したところの周囲に日常生活での紫外線刺激を避けることも大切です。
温泉や岩盤浴では雑菌の感染が考えられます。
そのような場所には落ち着くまでは行かないでください。
脱毛サロンの銀座カラーでお試しコースなどに行くと、大体本格的なコースへの勧誘を受けますが断りたければ、曖昧さのないはっきりしたお断りの姿勢を見せることです。
さらなる説得のきっかけになるので、理由は言わない方が良いでしょう。
「金銭面が苦しいので」などと言うと、相手も慣れていて普通にローンをすすめてきますから、シンプルに「興味がない」と言っておきましょう。
勧誘に慣れていなくて、きっぱり断る自信のない場合は家族に相談しないと、などと言ってお店側も説得しようが無いように、その場にいない人を使うと良いでしょう。
どこの脱毛サロンでも、カウンセリングは必ず受けることになるのですが質問されたことには正直に答えてください。
取り繕ったり虚偽報告をしても良いことは何もないですし、むしろ害になりますので、肌になんらかのトラブルがある、内臓疾患がある、またアレルギー体質で症状が出ている、といったようなことは重大事項ですから必ず相手に伝えるようにします。
サロンで使用する機器の性質上、どうしても脱毛の処置を受けられないことになるかもしれません。
ですが、トラブルを自身に招かないようにするため、正直な応答をするべきです。